« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月29日 (火)

こころが痛い

 去る3月11日、日本中を震撼させた地震が発生した。

まるで映画の1シーンかのごとき津波に、人々の平和が飲み込まれてしまった。

幼い女の子が〝お母さ~ん〟と叫んでいるニュースや避難所で食べ物の順番を待つ人々。
どの映像を見ても 心が痛くなる。

 外国の記者が、現場で自国にレポートしていた〝理解し難い現実です〟と。

でも、それが現実なのだ。

 何かをやらねば。
 何ができるのか?
 ただただ祈るばかりだ。

日本人は、多くの人が何かをやらねばと思っていることだろう。
その心を忘れずに 日々の生活を送りたい。
それは、なにも毎日を沈んだ気持ちで過ごすということではない。
人々のささやかな喜びは喜びとして、与えられたことを素直に喜んでいいと思う。

というわけで、明後日 31日はばあちゃんの88歳の誕生日を迎える。
 米寿のお祝いの日だ。
でこちゃんから また お誕生の花が送られてきた。
ばあちゃんの反応ははっきりしないが、きっと嬉しいに違いない。

おめでとう ばあちゃん!

ちなみに、我が家に残っていたじいちゃんとばあちゃん用の大人用オムツは病院では使ってもらえないので、今回の支援物資として供出させてもらった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »